観覧席のリースなら~コンパクトなものを選んで無駄を削減~

最新記事一覧

災害に備えて

女の人

浸水地域では必須アイテム

大雨が降った際に浸水するといった地域において必須アイテムになるのが土のうです。本来の土のうは土や砂を袋に詰めて並び水の侵入を防ぐものですが、日頃から土や砂、そして袋を用意しておくにはスペースが必要になり、現実的ではありません。しかし、離れた場所に保管しておいてもすぐに使えなければ意味がありません。このような時に役立つのが吸水土のうです。吸水土のうは土や砂の変わりに吸水性ポリマーを充填しているものです。吸水性ポリマーは通常時は体積は極めて小さいものですが水を吸ってそれを保持する性質があります。このため吸水させると体積が増えて土のうの状態に膨れます。使用していない段階では省スペースで保管することができ、使用時には土のうとして役立てることができます。吸水土のうを選ぶ際のポイントは使い捨てか再利用が可能の2種類ですが、その性質上は使い捨ての方がメリットがあります。使い捨ての吸水土のうは安価ですし海水でも使えるものもあります。乾燥すれば可燃ごみとして処理することができます。再利用可能なものは乾燥させたあとに保管することになりますが、浸水した際に使用した土のうは砂や泥が付着しており保管する際に保管場所が汚れるといったデメリットがあります。いずれにしても吸水土のうを用意しておけば緊急時の浸水に対応でき浸水させたくない場所を守ることができますし、土のうの保管場所も最小限で済ませることができます。