観覧席のリースなら~コンパクトなものを選んで無駄を削減~

最新記事一覧

必要なものを用意する

ねじ

ネジは現代では欠かせないものを止める部品ですが、その種類はさまざまで合ったものを使う必要があります。大規模なお店が近くにあれば特殊性のあるネジも手にれやすいですが近くにない場合には通販を利用して特殊なネジを手に入れることができます。

詳しく見る

膨らむ土のうの選び方

土のう袋

吸水土のうを選ぶときには、膨らんだ時に20kgの重さになるものを選ぶようにしてください。また十分に膨らむのにかかる時間は3分以内のものにし、内部が流出しない加工がされているものを選ぶようにしてください。

詳しく見る

イベントに必要な客席設置

男の人

企業のイベントなどで観覧席が必要な時はリースを利用すると便利です。業者によって代金は違いますが、一般的な相場は1連1段で3000円から5000円です。観覧席の規模によって費用がかかります。学園祭などはステージ一式で頼んだ方が安上がりです。工事費込みで40万円ぐらいからあります。

詳しく見る

大量注文はネットから

工具

仕事でネジを必要とするのなら、ネット上から簡単に注文できる通販サイトで大量注文をおこないましょう。数多くの種類の製品が販売されていて、当日出荷もしてくれるため、仕事で必要なネジを簡単に手に入れることができます。

詳しく見る

災害に備えて

女の人

浸水が想定される地域での必須アイテムとしては土のうがありますが、土のうを利用するさいには砂や土など詰めるものを用意しておく必要がありますが、吸水土のうではそれらを用意することなくそのまま袋を水に浸すだけで土のうにすることができます。

詳しく見る

イベント開催準備

観客席

軽さとコンパクトさ

イベント開催する場合などには、場所により観覧席の設置が必要となるケースがある。観覧席の無いホールなどを利用してイベント開催する際、観覧席を準備したいことがある。これらの観覧席を設置する際には、通常は折りたたみ式の観覧席をリースで借り入れ、業者に設営してもらうということが多くなっている。特に、観客数を多く見込んでいる場合には、折りたたみ式の観覧席を多数準備する必要があり、設営作業にも時間を要することとなる。観覧席を利用する際には、リース活用が通常である。特に組み立て式で、使用後は撤去する際にはリース活用が最適である。これらの組み立て式の観覧席を選ぶ場合、コンパクトであるかが重要になることがある。観覧席をホールなどに運ぶ場合、大きな状態であると移送や配置に手間がかかってしまう。その為、コンパクトなものを選ぶとこれらの無駄を削減できる。また、社内の人員などを活用しながらリースで借入設置する場合には、重さも重要である。折りたたみ式のものでは、製品により重さに違いがある。重いものでは、設営の際大変である為、軽いものがより利便性が高い。アルミ製の折りたたみ式観覧席では、軽量化されていることから特に利用しやすい。その他、使用スペースにマッチした大きさであるかや、1人当たりの座席のゆとりなどについても選ぶ際のポイントになる。リースのものでは、複数の製品の中から指定することもできるため、利便性の高いものを選ぶと良い。また、観覧席を設置する際には、工具も必要となる。工具にも様々な種類があるため、ある程度の工具も揃えておくと便利だろう。工具は主にホームセンターなどで購入するというのが一般的であるが、最近では通販サイトでも購入することが可能である。通販サイトだと品揃えも豊富なので目的に合わせて選べるため、利用してみるとよいだろう。また、通販サイトによっては、宝くじ助成金を活用できるものもある。宝くじ助成金とは、地域の活性化を図るための助成金なのだ。その為、地域のイベントで使用される観覧席は対象になるということを知っておこう。そして地方自治体を通して、申請する必要があるから、助成金を活用して観覧席を購入したいと考えているのであれば注意したいものだ。